点検を忘れずに

車の中には必ずルームミラーがありますが、これは、後続車の確認などをするためには非常に重要な役割を果たしています。触らなければ大抵の場合は一定の位置で固定されているのですが、ちょっとした振動や誤って触ってしまった場合に、向きが変わり、見づらくなってしまう事があります。まったく後続車が見えない状態で走行するのはいざという時に確認出来ず、事故を引き起こしてしまう原因になるので、出来るだけ定期的に「点検」する事がおすすめで、本来であれば、乗った際に毎回チェックしておく事が大切です。
ルームミラーの調節には、基本がありますが、だいたいバックのガラスが全体しっかりと映る様な角度にすると良いでしょう。そしてそれは普段通りの部分に腰を落ちつかせ、目線だけを動かした状態で見える状態にするのがベストと言えます。ちょっとかがんだ状態や前のめりの状態での点検は当然ですが意味を成しません。これは教習所でならう基本的な事ではありますが、ルームミラーの点検はしっかりと行なわなければ事故を起こしてしまう原因にもなりかねません。出来るだけそういったトラブルを避ける為にも普段からチェックするクセを身につけてみてはいかがでしょう。犬13

コメントは受け付けていません。